一本化で金利が安くなる

複数の借金は一本化する

カードローン2社以上なら一本化を検討するべき

総量規制が制定された背景には、多額の借り入れや、多重債務防止の目的があったのですが、それでも多重債務してしまった方には、返済の一本化をすると言うやり方が進められています。

 

一本化のメリットはまず、「業者ごとに異なる金利を一本化できる」と言う事です。

 

何社かから借り入れをすれば、その借金に掛かる金利は異なります。
例えば、Aの業者からの金利が12%だとします。それに対し、Bからは10%、Cからは16%、Dからは9%の借り入れをしているのであれば、金利が低いD社で一本化する事が可能なのです。

 

そして、ひと月に返済が必要な業者を減らす事も出来ます。例えば、上記で挙げた4社に月それぞれ2万円の返済が必要だとすれば、一本化することによって、1つの業者に月8万円返済を返済をすると言ったような形で変更する事が出来ます。後者の方が圧倒的に手間が省けるし、常に借金返済で追われていると言うプレッシャーも無くなりますね。

 

そして、ブラックリストを回避できると言うのも大きなメリット。債務整理を行うとブラックリストに記名されると言いますが、借入れの一本化はあくまで返済とされ、債務整理とは違いますので、債務破棄処理を行わなくて良いのです。