不動産担保ローンであれば総量規制は対象外

総量規制の対象外となる不動産担保ローン

総量規制の対象外となる不動産担保ローン

消費者金融などの貸金業者から融資を受けるには、貸金業法に定める総量規制の対象となります。総量規制とは借入額に制限を設けることで多重債務者を出さないようにするための制度ですが、年収の3分の1が上限と定められています。しかし不動産担保ローンや自動車ローンなど、高額な融資が必要になるものが対象となると、ほとんどの人は融資を受けることができなくなります。そのため対象となる融資は貸金業法による金融業者からの融資に限られているのです。不動産担保ローンは総量規制の除外貸付となっていますので、年収に制限がなく利用できるようになっているのです。もちろん除外貸付となっていても、審査を通過するには一定の年収が必要になりますので、必ずしも希望通りの融資にはならない点に注意が必要です。総量規制の除外貸付に該当するものはたくさんありますが、わかりやすく言えば物品などを購入するための目的別ローンが該当します。総量規制の対象となるものは使途を問わないフリーローンということになります。しかしフリーローンの場合でも例外規定がありますので総量規制の枠を超えた融資も可能となります。一定の条件を満たす必要がありますが、契約者が一歩的に有利となるおまとめローンなどが該当します。